症例(ばね指、手のしびれ) 

 

40代女性 【ばね指・手のしびれ】

 

整形外科でばね指の診断。ばね指って?

症状:
いざ指や手を使おうとするとばね指症状(弾発症状)が出る。
しばらく動かしていると通常通り動かせるが少しほっておくとまたすぐに固まってします。
起床時は手をまったく動かすことができない。
グーとチョキの動作が完全にはできない。
このまま、思い通りに動かないようになってしまうのではないかと心配。 
整形外科からは薬と湿布で様子見と言われ、症状がひどくなれば手術と回答された。


 

腕だけでなく肩回りの筋肉にも固さがみられる。整体・カッピングが効果的。

施術内容:
背部、肩甲骨周りの筋肉の硬さ→鍼灸治療、マッサージ。
上腕、前腕の筋肉の硬さ→鍼灸治療、マッサージ、カッピング
猫背→猫背矯正、肩甲骨矯正。
手首のアライメント→マッサージ、整体。

 

 

施術後・経過

治療を始めて1~2週間ほどは効果ほとんど見られず。(週に2~3回の通院)
3週間ほど治療してからばね指症状の程度が軽減、グーの手が以前よりもできるように。
引き続き治療を続け、グーの手の動作がさらに改善、チョキの手にも改善がみられるように。
約2か月程治療を続けばね指症状はほぼ消失・わずかにしびれが残存・起床時のこわばり感残存・チョキの動作改善・グーの手は90%まで改善。
患者様希望により来院頻度を落としてメンテナンスへ移行。

施術詳細:マッサージ、鍼灸保険、カッピング、整体、猫背矯正。

 

 

カウンセリング・今後の私生活の指摘

指摘内容:
手の使い方を指導、ばね指症状は女性になりやすく完全回復にはさらに時間が要することを説明。
普段にサポーターを使用して腕、手の負担を減らしてもらえるよう指導。


2018年01月12日