まずは食べる順番から変えていきましょう!(長生きのために!痩せるために!)

食べる順番って意外と重要!!

ついつい食べ過ぎてしまう・・・
健康に気をつけたい・・・
痩せたい・・・
とお悩みの方は多いと思います。

しかし、今までの自分を変えるということは大変、難しいことです。
そこで、ひとまず食べる順番から変えていきましょう!!
そうすれば血糖値の急な上昇を抑えることができ、健康的に!痩せやすい身体に!がより身近なものになります。

 

 

薬やサプリより効果的!?食事療法!!

そもそも糖尿病やその他の予備軍の治療は基本的には食事療法です。
そして食べる順番が身体に与える影響が特に注目されています。
いきなり食事の味付けや量を変えるということは長続きしなかったり難しいですが、食べる順番であれば大きなハードルではないように感じることができませんか。

 


そしてその食べる順番というのは
①食物繊維や野菜のメニュー
②たんぱく質を中心としたメニュー
③ごはんやパン、めん類などの主食メニュー
上記のように食べる順番を守ることです。

 

 

 

食べる順番を変えるだけで何が変わるの?

食べる順番を変えるだけで、なぜ健康になったり痩せやすくなるかというと
血糖値をコントロールできるからです。

 

まず初めに、食物繊維や野菜料理を食べ切ってしまいます。
食物繊維が豊富な食品を食べることで、腸内での糖質の吸収が緩やかになり、血糖値の急上昇を防ぐとともに、食欲や体重抑制の働きのあるインクレチンというホルモンの分泌も促されます。

そして最後に、ごはんやパン、めんなどの主食です。

既に野菜料理や主菜を摂取していると、主食を通常通りは食べられないでしょうし、腸での糖質の吸収も抑えられます。


食事で血液の糖質が増えると、エネルギー消費のために膵臓(すいぞう)からインスリンが分泌されます。

しかし、過剰な糖質は脂肪として蓄えるというインスリンの役割が今度は働き始めます。
血糖値の急上昇がなければインスリンの分泌も少なくてすみ、肥満、高血圧などの予防にもつながります。

 


ご自身のお身体についてお考えの方は毎日の食事方法から変えていきましょう。


2018年02月02日