骨盤の役割について

骨盤には大きく分けて2つの大切な役割があります。

 

①上半身と下半身をつなぐ役割。

→上半身の動きは骨盤を介して、下半身に伝わります。

下半身の動きも同様に上半身に伝わります。

つまり上下の動きつなぎ役になっています。

 

なので、骨盤が安定していないと動作全体が不安になりますし、半身の動きの悪さによって、もう一方の半身の動きは悪くなると言えます。

姿勢や動作が安定するためには骨盤は不可欠です。

 


②内臓を保護する役割。

→外的な刺激から内臓や血管などを保護すること。



2018年03月07日