硬水?軟水? (何が違う?)

普段から何気なく飲んでいるお水。

そのお水にも「硬水」「軟水」という種類があります。

それぞれのお水にメリットとデメリットがありますのでご紹介いたします。

 

まずは硬水、軟水の違いについてご説明します。

ずばり、何によって分けられているかというと「硬度」です。

硬度とはお水1Lに含まれているカルシウムやマグネシウムの含有量を示しており、

硬度120mg以上で「硬水」

硬度120mg未満で「軟水」

とされています。


硬水のメリット・デメリット
【メリット】
●便秘解消効果。
●便解消効果によるダイエット効果。
●肉系の煮込み料理に適している。(肉の臭みを消す。)

●代謝促進。

【デメリット】
●結石のリスクアップ。(腎臓の機能に問題があると硬水のカルシウムをろ過しきれず結石のリスクが高くなります。)

●和食などのシンプルな味付けや風味を活かした料理には適さない。(マグネシウムは独特の風味、苦みを持っているため。)

●珈琲、紅茶も上記同様に適さない。


軟水のメリット・デメリット

【メリット】
●日本料理に適している。(シンプルで素材を活かした味付けの日本料理に適している。)
●洗剤・石鹸などの泡立ちが良い。
●赤ちゃん・子供にも安心。(硬水のマグネシウムは子供の腸に負担がかかる。)
●身体への吸収が良い。


【デメリット】
●大きなデメリット無し。

※日本では水道水や販売しているほとんどの水が軟水ですので日本人には軟水の方が合っています。

 

 

2018年03月15日