症例(首の寝違い)


30代女性 【起床時からの首の寝違い】 天王寺区

朝起きてから首に激痛が。回せない、動かせない。

症状:
今朝、起床時から首に激痛がある。座って正面を向いているだけで痛みがある。

夕方になってから今朝に比べると痛みは若干減っているが未だに激痛がある。

首を回したり、傾けたりはまったくできない。

昨日までは首は正常だった。
普段から肩こりは感じているが特に運動やストレッチやマッサージはしていない。

首に炎症所見有。整体・はり・アイシング対応。

治療内容:
首に熱感→アイシング。
背中、肩甲骨の筋肉→マッサージ・整体。
肩関節の可動域の硬さ→整体。
首の筋肉→。整体・鍼。

 

施術後・経過。

施術後:
術後から激痛は軽減。
座って正面を向いているだけだと痛みは消失。
首を下向きには完全に向けるように改善。
首の横向きの動きは若干改善、上向きはあまり変化なし。

 

 

カウンセリング・私生活での注意点。

指摘内容:
現在は筋肉の損傷があるため、何よりもアイシングが大事。
現時点ではマッサージなどで大きな刺激を首の筋肉に与えすぎてはだめ。
座り姿勢が猫背で、首の筋肉は固いので、おそらく首は元々悪かったと想像。
寝違いにより今回の痛みが発生したため、寝る姿勢チェック→首の向きに独特のクセがあったため正常な傾きを指導。


2018年03月23日