もしヘルニアと言われたら? 正しいヘルニアの知識

もし病院にて「あなたはヘルニアです。手術しかありません。」

と言われて悩んだり、諦めたりしてる方はいませんんか?

 

結論からお伝えします、ヘルニアという診断が出たからと言って改善策は手術だけではありません。

 

事実、当院でもヘルニアの診断をもらった方が回復したケースは多くあります。

実はヘルニアになったからといって、手術が絶対に必要ではなく、施術や普段の意識・姿勢で回復はできます。

 

まずはヘルニアについてですが、ここではヘルニアでも特に多い腰の椎間板ヘルニアについてご説明します。

 

【少し難しく説明すると】

腰部の椎骨と椎骨の間には椎間板があります。

その椎間板は衝撃を和らげるクッションのような役割をしております。

疲れが貯まったりすることで、その椎間板が変性し、組織の一部が飛び出します、このことをヘルニアと言います。

この飛び出た椎間板が神経などを圧迫することで激しい痛みを伴ったり、しびれが出現することを椎間板ヘルニアと言います。

 


 

【簡単にご説明すると】

腰に負担がかかり過ぎると、腰骨のすぐ近くにある椎間板にすごく負担がかかります。

椎間板の中にはゼリーのようなクッションが入っていて、椎間板に負担が圧がかかるとそのゼリーが飛び出ます。

飛び出たゼリーが神経に当たったりするととても痛いです。

 

以上が椎間板ヘルニアについての説明になります。

つまり、腰に負担が掛かりすぎてヘルニアにってしまうというのがほとんどなのです。

だからこそ、いきなり手術ではなく筋肉の固さを改善させることや、普段の姿勢を見直すことが腰の負担の軽減=つまりヘルニアの軽減に繋がるのです。

 

 

以前は飛び出たヘルニアは引っ込まないと考えられていました。

しかし、近年では経過を調べると、飛び出た部分がなくなったり縮んだりする場合があることがわかってきたとのことです。

ヘルニア=手術  というイメージを持たれる方は多くいますが、決してそうではなく、改善策はあるということを是非知ってください。

 

お悩みの方は当院にて一度ご相談ください。

 

 

 

 

2018年04月04日