症例(五十肩、四十肩)

50代男性【肩・腕を上げられない】天王寺区

肩が上がらない。激しい肩の痛み。

左腕を左肩から上の高さに上げられない。
数ヶ月前から突然肩が上がらなくなり、ここ数日で大きな痛みがで徐々に出てきた。
整形外科でレントゲンを撮るが、特に異常は診られない。

このまま痛みが続くのも苦痛で、腕も上がらないままになりそうなことも心配。
今まで大きな怪我や骨折はない。


五十肩(四十肩)ってどんな症状?

※問診・カウンセリングをする中で以下の点から概ね「五十肩」と想定して治療開始。
・肩関節周囲の筋肉が異常に固い。
・肩関節が熱を持っていて熱い。
・結髪動作ができない。(頭の後ろで髪を結ぶ動作)
・結滞動作ができない。(腰の後ろでベルトを通すような動作))

 

 

肩・背中に整体・マッサージ・ストレッチなどの施術。

施術内容:
肩関節周辺の筋肉の固さ→整体・首のマッサージ・ストレートネック整体。
腕の筋肉の固さ→マッサージ。
猫背→猫背矯正。
肩関節の熱感→アイシング。

肩関節の可動域の硬さ→整体・パーソナルストレッチ。
毎施術後、広がった可動域の状態でセルフストレッチ。

 

 

施術後・経過

2週間に2回ほどの頻度で来院いただき、肩関節周囲の熱感は消失し、痛みが少し軽減。

引き続き通っていただき、1ヶ月ほどで痛みはほぼなくなった。

腕を90度以上に上げることは可能に。(約100度の位置まで可能)



整体と猫背矯正が重要なポイント。

施術詳細:
整体、マッサージ、猫背矯正、ストレートネック整体、セルフストレッチ。

 

 

カウンセリング・私生活での過ごし方指導。

指摘内容:
引き続き自宅でのセルフストレッチを続けてもらうように指導。
五十肩の症状説明「1ヶ月で治るようなものではありません。完全に治すということだと6か月以上は見積もってもらう必要があります。まずは痛みが消えて、そこから関節の可動域が回復していきます。ただし治療が6か月というわけではなく、ある程度動くようになれば治療よりもセルフトレーニングがなにより重要です。」

2018年07月01日