ポカリやアクエリや缶コーヒの糖質量(角砂糖何個?)

朝をからシャキッと働くための缶コーヒ。

スポーツの休憩時間にポカリスエット。

 

などなど、普段から口にするこれらの飲み物にどれだけの砂糖が入っているかご存知ですか?

専門家からは「悪魔の飲み物」や「砂糖の塊が入った液体」などと例えられたりします。

飲むことで気分爽快になったりやる気が上がったり、ということはあると思いますが、実はその行為が自分自身の不調を作り出しているかもしれません。

どれだけの量の砂糖が入っているのかをご理解いただき、ご自身で飲み方や飲む量の目安としてください。

 

これらの図の表を見ると、イメージしているより多いと思われた方がほとんどだと思います。

ちなみに一般的な30~40歳代の成人男性の1日の必要摂取エネルギーは 平均2300〜2650kcal。糖質は約310〜360gです。

お昼によくある組み合わせのラーメン1杯とおにぎり1個で糖質は約110g程度とイメージしてください。

※糖質の重さ=食べた量ではありません。(糖質300g=ごはん300gではありません。)

 

コカ・コーラを一日2本(約120gの炭水化物)を飲む人はそれだけで昼食をもう一回食べてしまうくらいの摂取をしてしまっています。

 

まずは自分自身の飲食から見直す機会をつくってみましょう。

 

参考文献:医者が教える食事術 著者:牧田善二

 

 

2018年07月14日