筋膜リリースとは

筋膜とは筋肉を包んでいる膜のことをいいます。
身体には大きな筋肉や小さな筋肉がありますが、これらすべての筋肉が筋膜に包まれています。
私たちの身体は筋肉を動かすことと、筋膜が伸び縮みすることで痛みのない、スムーズな動きや正しい姿勢を保持することができます。

イメージ

当院の筋膜リリースのアプローチは「押す」ではなく「剥がす(はがす)」

筋膜はコラーゲンやエラスチンと呼ばれる線維でできています。
これらの線維はもともと柔軟性・水分・柔らかさなどに特徴のあるものですが、疲労が溜まったり使い過ぎなどになると、この筋膜が癒着(縮んだり、くっついたり)や萎縮などを起こし、筋膜だけではなく、筋肉の柔軟性も悪化します。そうすると、筋肉には疲労が溜まり続け、筋肉内にある血管は血行不良を起こし、栄養・酸素などが行き渡らなくなります。
このような筋膜が原因で起こる症状は筋膜リリースによい解消がより効果的です。
癒着した筋膜が剥がされるため、筋膜はがしと呼んだりもします。
長時間の同じ姿勢(パソコン・デスクワーク)や筋肉の使い過ぎ、過剰なストレス、水分不足、筋肉の柔軟性の低下などの心当たりがある方は、筋肉のこりなどがお悩みの原因ではなく、筋膜の癒着が原因かもしれません。

あなたの腰痛の本当の原因は足の筋膜かも

例えば日々腰痛でお悩みの方がいます。
この方は日々通勤やお仕事等でふくらはぎや太ももに過度な疲労が蓄積されています。
このような場合、腰痛の原因が実は腰の筋肉ではなく足の疲れが原因かもしれません。
日々の足の疲れによって脚全体の筋膜が収縮(縮む)を続け、併せて筋肉が硬くなっていきます。
すると足に隣接するお尻や太ももや腰回りの筋膜にも収縮が伝わり、結果的に骨盤は歪み、腰の筋肉が硬くなって痛みが発生してしまいます。
さらには身体全体に張り巡らされている筋膜は、疲労を続ける足の方向にどんどん縮んで引っ張られていきます。
その結果、特に疲労も使用もしていない腰部の筋肉の緊張は高まり、さらに悪化すると背中や肩甲骨の筋膜までが引っ張られることで猫背や背部痛を引き起こします。
このような場合、悪化した腰・背中の部分よりも根本の原因である脚の部分を優先的に施術することがなにより大事です。

当院で筋膜リリースを使った改善例

立ち仕事を数十年続けてきた女性が来院されました。
一年前から急に腰痛で悩むようになり、最近では頻繁にぎっくり腰を起こすというお悩みでした。
まず、腰の触診や動作確認や全身の筋肉・関節の緊張具合の検査を行いましたが、腰部に硬さは見られるものの、頻繁にぎっくり腰を起こすとは考えられない程度の硬さでした。
しかし、ふくらはぎ・太ももには過剰すぎるほどの筋肉の緊張が確認できました。

【患者様情報】
・仕事は常に高いハイヒール
・一日中座ることはなく立ちっぱなし(およそ10時間)
・脚のむくみは前から気になっていた
・たまに整骨院や接骨院に行ったけどあまり変わらなかった。(施術は主に腰周囲のみ)

このように「腰痛」「腰はそれほど硬くない」「足の筋肉はパンパン」といった症状は脚が腰痛の原因と想定し、前項で説明したような「あなたの腰痛の本当の原因は足の筋膜かも」を内容をご本人に説明し施術を行いました。
施術時間のほとんどを腰ではなく、ふくらはぎ、太もも、骨盤、足首への筋膜リリースに行いました。

【施術後】
施術後から腰痛の程度は半減し、その後、数週間後の経過を聞いても徐々に腰痛が解消されて、ぎっくり腰が起きなくなったとお褒めの言葉をいただきました。
ここでは立ち姿勢でのサービス業の方を例に挙げましたが、他にも「腕を使いっぱなし」「姿勢がずっと悪い」などの自覚がある方も同様のことが多く起こりえます。

このような方に筋膜リリースがおすすめ

☑接骨院で腰の施術を受けたけど腰痛が変わらない。
☑足のむくみ・筋肉の張りが気になる。
☑太ももがパンパンで違和感がある。
☑立ち仕事で脚がとにかくつらい。
☑ふくらはぎのむくみや浮腫をやわらかくしたい。
☑産後でふくらはぎの血管が出てきた。
☑足のリンパを流してほしい。
☑血液をサラサラにしたい。
☑赤ちゃんを抱えすぎて腕がパンパンでしびれてきた。
☑手先のしびれる感覚を失くしたい。
☑太ももの前側の張りが取れない。
☑テニス肘で悩んでいる。
☑ジャンプしたときに足首やふくらはぎに違和感がある。

初めての方へ

友だち追加←予約やお問い合わせはこちら。

はじめまして。
あかり治療・鍼灸院の中村です。

当院のホームページを見つけていただきありがとうございます。当院は大阪市天王寺区にあり、地下鉄四天王寺前夕陽ヶ丘駅からすぐの場所で営業しています。
あかり治療・鍼灸院は皆様の身体の不調やお悩みが少しでも良くなって、日常生活が充実するようにサポートいたします。
また、何かあったらまずは「あかりに相談しよう」と思ってもらえるように日々励んでいます。

あかり治療・鍼灸院のアクセス

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町4-18 1階

TEL.06‐6773-9773

PAGE TOP