当院の整体をご紹介

症状にあわせた効率的な整体施術をご用意しておりますので、様々なお悩みの方に喜んでいただいております。
当院では数種類の整体を合わせて、慢性症状・神経痛・しびれなどを元の健康的なお身体に導きます。
(下記にご紹介の整体はほんの一部です。)

  • 首・肩・腕でお悩みの方はこちら
  • 腰痛・骨盤・脚でお悩みの方はこちら

首・肩・腕などの上半身向け整体

1.ストレートネック整体

現在人に増加しているストレートネックに対しての整体です。
首の筋肉・骨・関節に施術を行います。
頭蓋骨に通ずる頚部の骨のカーブを本来あるべき状態に促し、首にかかる筋肉バランスや関節にかかる負担を軽減します。
【※下記のような症状の方にこちらの整体はおすすめです。】
・首こり、肩こり
・頸椎ヘルニア
・スマホネック
・頭痛
・寝違え

 

2.鎖骨ほぐし整体

鎖骨というと全身の骨の中でも比較的細い骨ですが、身体にとっては非常に重要です。
鎖骨は肩甲骨や胸骨と繋がっており肩鎖関節・胸鎖関節と呼ばれる関節を形成し、肩の動きに非常に重要な役割をします。
他にも首の動きに重要な胸鎖乳突筋や斜角筋や僧帽筋や三角筋も繋がっています。
ですので、鎖骨周囲の悪さは肩や首の悪さにも直結しています。
これだけ色んな骨や筋肉と繋がっている上に、鎖骨の周囲には多くの神経や血管やリンパなどが集まっているため、圧迫を受けやすく血流も悪くなりやすい部分です。
鎖骨周囲に整体施術を行うことで、首と上半身とを繋ぐ筋肉・神経・血管の流れや動きがスムーズになります。
【※下記のような症状の方は鎖骨ほぐし整体がおすすめです。】
・首こり、肩こり
・胸郭出口症候群
・五十肩、四十肩
・手や指先のしびれ
・胸の窮屈感

 

3.腕・肘の筋膜リリース(前腕・上腕・二の腕)

腕や肘の筋肉に対して筋膜リリースの施術を行います。
筋膜とは筋肉を包んでいる膜のことです。
筋肉の使い過ぎや疲労が長期間続くことで、筋膜は癒着や血行不良を引き起こします。
このような状態ではマッサージをしても回復は期待できません。
筋膜のねじれや柔らかさを取り戻すことで、本来の筋肉の動きに回復を効率的に促すことができるのが筋膜リリースです。
パソコン・スマホで手の疲労が肘→腕→肩→首へと移行していく方が多くいます。
なぜなら、これらの筋肉は筋膜によって繋がっているからです。
このような場合だと、手や腕の疲れを取ってやることが肩・首にとって一番効果的です。
美容師や保育士などの過度に腕を使う職業の方には筋膜リリースの施術を主に行います。
【※下記のような職業の方に筋膜リリースを行う方が多いです。】
・デスクワーク、パソコン作業
・保育士
・看護師
・美容師
・調理師
・介護士
・ネイリスト

腰痛・骨盤・股関節・脚などの下半身向け整体

1.骨盤調整・股関節整体

骨盤は身体の中心にあって、骨盤での問題は身体全体に影響します。
人間の身体のゆがみというのは悪い姿勢や猫背、繰り返される悪い動作によって、左右の筋肉や関節のバランスが乱されることで起こります。
当院では骨盤内の最も重要な関節である仙腸関節や、骨盤に付着する腰部・殿部の筋肉などをしっかり調整していきます。
そして、意外と見落とされがちなのが、股関節です。
「股関節=骨盤」と呼んでも良いくらいに実は密接に関係しています。
つまりどちらかが良くても悪くても運命共同体です。
当院では骨盤といっしょに硬くなった股関節にも整体施術を行い、可動性の回復をさせます。
【※下記のような症状の方にこちらの整体はおすすめです。】
・慢性的な腰痛
・椎間板ヘルニア
・骨盤のゆがみ
・反り腰
・股関節症(股関節痛)
・産後の骨盤

 

2.太もも、ふくらはぎの筋膜リリース(筋膜はがし) 

全身の筋肉のうち70%の筋肉が下半身にあり、その中でも太ももとふくらはぎの比率は高いです。
筋膜リリースによって血流改善と筋肉の柔軟性を回復させます。
「腰が痛い」「骨盤が歪んでいる」「ふくらはぎが張る」と感じてその部分だけの施術をしているだけでは良くはなりません。
太ももとふくらはぎを中心とした施術を行うことで腰・骨盤の硬さや動きは大きく改善され、その影響が上半身やその他の状態も良くします。 
当院では太ももやふくらはぎを①前側②後側③内側④外側とあらゆる角度から施術を行います。
【※下記のような症状の方にこちらの整体はおすすめです。】
・腰痛
・太ももやふくらはぎのむくみ
・坐骨神経痛
・股関節症(股関節痛)
・足底腱膜炎
・下半身や脚のしびれ

 

3.腸腰筋整体

腸腰筋とは腰部にある筋肉で、骨盤の中を通過して太もも前面に向かって走行している、いわゆるインナーマッスルです。
腸腰筋は姿勢の維持や歩くとき、立っている、靴下を履くなどの単純動作時に作用する筋肉です。
ですので、「立ってて何もしていないのに腰が痛い」と言う人がいますが、そんなことはなく「腸腰筋が無意識で体幹を支えているから立てている」というのが身体の真実です。
腸腰筋は我々の私生活で多くの動きに使用しているため、どなたも硬くなる傾向にあります。
そして、結果的に柔軟性の低下から腰痛や股関節を悪くします。
深層部にあるので触れることがむずかしい筋肉です。  
【※下記のような症状の方にこちらの整体はおすすめです。】
・慢性的な腰痛
・坐骨神経痛
・梨状筋症候群
・反り腰
・腰や足のしびれ
・股関節の症状
※腸腰筋(ちょうようきん)は大腰筋・腸骨筋を総称したものです。

PAGE TOP